騎手について知りたい!松山・田辺騎手編

中央競馬所属のジョッキーで穴馬を持ってきてくれる松山・田辺騎手は、どんな騎手?買うべき競馬場は?
その辺を調べてきました、よろしければご覧ください。

松山騎手・田辺騎手ってどんなジョッキー?

松山弘平(まつやま こうへい)騎手は、2012年、中京競馬場で重賞となった第48回中日新聞杯をスマートギアで制覇し、同年にはデビュー年から乗り続けていたドリームバレンチノで函館スプリントステークスを制し、さらに同馬に騎乗したスプリンターズステークスで3着に入りました。
2012年デビューからの3年間の勝利数に迫る74勝を挙げ、全国リーディング13位になり、2017年にはついに、第77回皐月賞を単勝9番人気のアルアインで制し、38回目の挑戦にして念願の中央GI初勝利を飾りました。
田辺裕信(たなべ ひろのぶ)騎手は、2014年フェブラリーステークスを16頭立て16番人気のコパノリッキーで勝ち、GI初勝利を果たし、騎乗馬がそこまでよいとは言えません。
しかし、少ないチャンスをものにしている勢いのあるジョッキーです。
共に最近は認知されて、美味しいオッズで買うことが出来なくなりましたが、穴馬を持ってきてくれるので、頼りになるジョッキーとして競馬ファンから親しまれています。

買える条件・松山騎手・田辺騎手

小倉の1200mが大得意で、前走逃げている馬・先行している馬から狙えばさらに勝率がUP!
他の芝コースでは、先ほど挙げた小倉と京都が得意で、平坦コースが良いようですね。
ダートでも京都の1200~1800mまでが得意です。
京都・小倉で騎乗していたら狙いましょう。
田辺騎手は、芝は中山の方が成績が良く、ローカルでは新潟芝1600m・1800mが狙い目です。
遠征で関西圏に行った場合は、阪神ダート1800mだけ買いましょう。

割引条件・松山騎手・田辺騎手

松山騎手は、わかりやすく芝は、小倉・京都以外はあまり期待できず、ダートは京都以外は儲かりにくいという結果となっています。ダートは京都まで我慢しましょう。
田辺騎手は、得意な中山でも芝は1200・1800mは苦手としていて、東京も芝2400mが割引となっています。
ダートのローカルは、新潟ダ1200・1800以外は割引、福島出身なので福島で馬券が売れますが、福島で買っていいのはダ1700mのみとなっています。

競馬, 騎手

Posted by tkana