予想ってどのくらい前から立てる?

予想なんて前日新聞見ながらやればいいのでは?
それでも問題はありませんが、時間を取れない場合があるので、そういった方に知っておいてほしい、競馬予想のコツを少し書いてみました。
興味のある方はご覧ください。

競馬予想中央競馬の場合

土・日開催の場合は、前日に枠順がすべてのレース確定するので、そこから予想する方が殆どだと思います、土日休みの方は仕事の帰りに、競馬新聞がコンビニや駅で発売されていたり、ネットの情報が更新されるのが何よりの楽しみとなります。
しかし、中央競馬の場合は、最終レース終了後、大体17時以降に特別レースと重賞(9~12R)の出走予定馬が発表されるので、その時点で予想することは可能です。
もちろん予定馬ですから、予定していた馬が出走しないこともありますがそれも込みで予想しているのでしょう。
そこまでやって当たるかといわれると困りますが、オッズに惑わされず予想が出来るので、迷いやすい人には向いているかもしれません。

競馬予想方法

前走と条件が同じか変わっているかを調べる。
距離・クラス・騎手が変更している場合、前走の成績が少し悪かったとしても、上昇するきっかけとなるので人気のあるなしにかかわらず、覚えておきましょう。
距離は、前走前目で競馬を出来た馬が短縮してきたら要注意で、クラスは500万から1000万など今回クラスがあがっている場合はいきなりレースレベルが上がって全然ダメな可能性があります。
わかりやすいのが、騎手がリーディング上位に乗り替わった場合は要注意ですし、人気になる理由でもあります。
券種によっては、買っておかないと的中しないので予算が許す範囲で押さえておきましょう。

ローカル開催で覚えておきたい予想方法
ローカル競馬でも特に(札幌・函館・小倉)の3場は、開催の季節や日数が限られているので、ここで好走した馬が、別の競馬場でボコボコにやられていて人気薄になることが多いです。
確実ではないですが、かなり特殊な条件となるので、札幌・函館・小倉のレースを買う時は、念のため馬の全レース成績を見て、同じ競馬場で好走しているか見ておくだけでも、穴馬を拾えて高配当を的中なんてことが起こるので、面倒かもしれませんが調べておきましょう。

競馬

Posted by kobav