血統でどんなことがわかるのでしょうか?初級編

血統は近年はみんな研究するようになり、あまりもうからなくなりましたが、まだまだクラスの低いレースやローカル開催で役に立ちます。
血統でどんなことがわかるのでしょうか?
その辺を調べてきました。
よろしかったらご覧ください。

血統でわかること

競馬での血統とは簡単に言えば競争生活で優秀な成績を上げた馬同士の配合を繰り返すことにより、より競争馬として優秀な遺伝子残っていくので、その子孫はドンドン強くなるはずですが、競走生活において優秀な成績を収めた馬でも、母馬の影響も受けるし、優秀な能力だけ受け継ぐ馬はまれです。
私見ですが、強い馬といっても、能力が圧倒的に上な馬と、他の馬と同程度の能力があって、他の能力が高いから勝てている場合があって、種牡馬になった時に、そのズレた部分が産駒に伝わってしまうことが多いので、産駒が走らない場合があるのではないかと思っています。
芝向きかダート向きか?・休み明けから走る馬か叩き良化型か?・短距離向きか?・長距離向きかなどがわかります。

血統における牡馬・牝馬違い

種牡馬の成績にも、色々あって牡馬・牝馬の勝ち数が多い馬は、リーディングサイアー、牡馬の産駒成績が良い馬は、コルトサイアー、牝馬の産駒成績が良い馬はフィリーサイアーといいます。
日本のリーディングサイアーは、ディープインパクトとキングカメハメハで日本における主流血統の2強と現在言われています。
コルトサイアーで有名なのは、オルフェーヴル・ゴールドシップがいるステイゴールド産駒で、フィリーサイアーで有名なのは、ディープインパクト・クロフネ産駒が有名です。
この偏りは、サラブレッドにおける、牡馬と牝馬の違いによって、偏りが出ているのではないかと個人的には考えます。
性別による違いは、牡馬はパワー型・牝馬はスピード型に出ることが多く、種牡馬は伝える能力に足りない能力を、牡馬・牝馬の性別の違いで伝わる能力でカバーしているために、差が出ると考えられます。
G1を勝つくらいの能力ですから、もともとの能力が高くないと厳しいのは当然として、ここまで偏るのはそういったことでないかと考えることが出来ます。
後、他の要因としては、ディープインパクト(最大452kg)とステイゴールドは小さな馬(最大434kg)でしたから、大きな牝馬に種付けすると、何かしら影響があるのではないかと考えています。

競馬

Posted by tkana