競争馬が着けている馬具にはどんな効果があるの?

競争馬が着けている色とりどりの馬具、見た目を華やかに見せるだけではなく、競馬に勝つために使用されています。
どんな効果があるか調べてきました。
よろしければご覧ください。

競争馬用馬具の種類・効果

馬具(ばぐ)とは、人間がウマを制御するためにウマに装着させる道具のことをいいます。
馬具の種類は多数あります。
メンコは、競走馬の頭部につける覆面のことで、周囲の音に対して敏感な競走馬につけて音を聞こえにくくするためのものですが、厩舎によっては他の馬と自厩舎と見分けるために装着されることもあります。
耳覆いのないメンコのことを鼻頭といいます。
周囲の音が聞き取りづらくなるため、馬によっては却って不安を高めてしまう可能性もあります。
ブリンカーは、競走馬の目を覆う馬具で遮眼革(しゃがんかく)とも呼び、後方の視野を奪い、競走馬の意識を前方へ集中させることが目的となっています。
レースで他の馬や地面に映る影を怖がる馬やよそ見をする馬に用いられ、馬の個性によっては片側の目だけを覆う場合もあり、ブリンカーつきのメンコもあります。
なおブリンカーを装着する馬は出馬表にBと表記されていて、出馬表に表記される馬具は基本的にブリンカーのみである。
パシファイアーは、ホライゾネットともいう、網目状のブリンカーで、レース中に他の馬が蹴って跳ね上がった砂が目に入るのを防ぐためのものであるが、装着すると視野が制限されレースに集中する効果が生まれることもあります。
パドックなどでは装着していても、レース中に装着する馬はそんなにいません。
バンテージは包帯状のテープで、肢巻ともいわれます。
競走馬の脚部に巻き、外傷から保護するために用いられ、腱や靭帯を保護するためサポーターやテーピング代わりに装着されることもある。

馬具をつけることによって予想にどう影響を及ぼすか?

馬はとても臆病な動物です。
音に敏感で視野も350度と非常に広いので、馬をレースに集中させるために、視覚や聴覚を制限する馬具を装着させることがほとんどです。
初めて装着する時の効果が最も大きですが、初めての馬具を気にして二度目以降から効果が出始める馬もいます。
ブリンカーについてのみ、矯正力について、論文ベースで科学的なデータがそろっているとJRAが公式に判断しているので、初ブリンカーのみ、競馬新聞などの印で確認することが出来ます。

競馬

Posted by tkana