種牡馬マンハッタンカフェの特徴・得意なコースについて

2019年4月26日

今回のテーマはマンハッタンカフェ
競馬の初心者にも楽しめる内容も紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

どんな種牡馬?

マンハッタンカフェは、菊花賞(京都芝3000m)・有馬記念(中山芝2500m)・天皇賞(春)(京都芝3200m)を勝ち、凱旋門賞出走後に屈腱炎を発症し引退しました。

屈腱炎とは、上腕骨と肘節骨をつなぐ腱である屈腱(大きく外側の浅屈腱(せんくっけん)と内側の深屈腱(しんくっけん)の2つからなる腱繊維が一部断裂し、患部に発熱、腫脹を起こしている状態のことです。

代表産駒は、レッドディザイア(秋華賞・京都芝2000m)ジョーカプチーノ(NHKマイルカップ・東京芝1600m)ヒルノダムール(天皇賞(春)・京都芝3200m)グレープブランデー(フェブラリーS・東京ダ1600m)クイーンズリング(エリザベス女王杯・京都芝2200m)。

種牡馬初年度産駒からG1を勝つ馬が出ていますが、キングカメハメハ産駒・ディープインパクト産駒の方が瞬発力・スピードに優れG1となると勝ちきれない馬が多いいです。

G2までの馬となり、瞬発力が無いから種牡馬同様瞬発力で差が出にくい京都コースの好走が多く出ています。

他の競馬場だと非根幹距離の重賞で好走する馬が増えていて、芝1800m重賞勝ち馬が多く、他の特徴だと性格が前向きだからか新馬戦が得意な馬が多いのも特徴で、新馬戦での勝ち上がり率が12.3%となっています。

相性の良い母父馬は、トニービン・ノーザンテースト・メジロマックイーン・サクラユタカオー・ストームキャットなっていて、現在、瞬発力を生かせない馬は、早目に動いて押し切る競馬が増えてきただけに、2015年に死亡してしまったのが惜しまれる種牡馬で、産駒通算1000勝目を勝った、メイショウテッコンの活躍に期待したいところです。

マンハッタンカフェ産駒の得意な距離

中山ダ1800m・阪神ダ1800m・京都ダ1800m・京都芝1800m・函館ダ1700mと見事に非根幹距離で好走しています。

1000万位の下級条件で現役を負えるか、大物が出るか極端な傾向がある産駒が多いのも特徴です。

芝・ダートの新馬で特に強かった印象があり、後継種牡馬のジョーカプチーノ産駒もそんな傾向が出ているのですが、産駒がとても少ないので狙う機会はあまりないでしょうが、母父マンハッタンカフェ産駒で狙うのも良いですね。

芝ダート両方で走る産駒が多いので芝の場合、京都芝1800m外・阪神芝1800m外・東京芝1800m・中京芝2000m・京都芝2000mと種牡馬同様京都が得意で短い距離は苦手なのがバッチリ伝わったようのが成績からもわかり、京都の非根幹距離で見かけたら買っておきたい種牡馬で、馬場は芝は雨でも問題なく、ダートはスピードのです馬場が苦手です。

マンハッタンカフェ産駒騎乗成績の良い騎手・人気他

マンハッタンカフェ産駒騎乗成績の良い騎手・芝コースだと武豊騎手・福永騎手・岩田騎手・浜中騎手・内田騎手となっています。
特に成績が良い騎手が浜中騎手となっていて、ダートコースでは、福永騎手・武豊騎手・和田騎手・四位騎手・池添騎手と芝・ダート共に関西所属騎手が上位にいるので、京都・阪神コース以外では微妙なのでしょう。

芝コースだと勝率が高くて複勝圏内が特に良いのが3人気までで、複勝だけなら6人気まで数値が良く、ダートは、芝より少し成績が良いですが、共に狙うなら距離延長より距離短縮、芝からダート替りになった産駒を狙いましょう。

芝馬のレース間隔は、下級条件だと余裕があるのか、連闘でも走り、次いで好走する間隔が中3週となっていて、ダートは逆に中4週が好成績となっています。

スピード勝負はステイヤー血統なので、短期間の間隔でも走ることが出来て、ダートはパワーの持続勝負なので、少し余計に間隔がいるようで、勝つタイミングが難しい上に勝ちきる馬が少ないの芝・ダートの成績がそこまで変わらない種牡馬で勘違いしがちですが、コースごとにレース間隔が違うので、1着で狙うなら芝・ダートで分けて考えましょう。

そして芝で勝ち上がって2勝するような馬は大物の可能性があるので、覚えておきましょう。

マンハッタンカフェ産駒苦手な条件

芝コースで苦手な、コースは新潟1200m・新潟芝1000m・福島1700mとなっていて勝ち星がない条件で、新馬が2018年で最後となります。

勝つことがあるかもしれませんが、狙うのはやめたほうが良さそうで、新潟が苦手なのは短距離も苦手としていて、スピードを維持する能力が低いので下り坂のある京都はカバーできても、コール前の直線が殆ど平坦な新潟は得意ではないようです。

まとめ

種牡馬として上位にいながら、産駒に特徴がしっかり伝わりすぎてしまい、幅のない特徴のとなってしまっているので、重賞で狙う時は、非根幹距離1800mか2200mで狙うのが大事な種牡馬となっています。

種牡馬

Posted by kobav