馬を分析!馬の調子の見方のポイント

馬の調子の見方を自分なりに分かるポイントを書きました。
よろしければご覧ください。

馬の調子の見分け方

調教で自身のベストタイムを更新していれば、調子が良いといえます。
競馬新聞などに、同じ追い切り場所における、過去のベストタイムが記載されているので、今回の調教タイムがこれより早い場合は自己記録更新ということになります。
ただ、調教タイムは早ければいいとは一概には言えず、普段調教している人が乗っていなくて、体重の軽い騎手が乗っていれば当然タイムは良くなります。
しかし、今までで一番早い調教タイムを出したということは、成長著しいか好調なときが多いので要注意となります。
他にも調教が少なめだった馬がしっかり本数をこなしてきた場合、それだけ調教をしっかり行ってきたということを意味します。
これは脚元や体調に不安がなく、しっかり調教できている証拠なので注意が必要です。

馬体重からわかること

馬体を大きく減らした馬は、明らかにパフォーマンスが悪いですね。
データでも出ていますけど、馬体重が減り続ける馬も良くないです。
さすがに-3kgくらいなら500kg有る馬だと問題ないといえますが、牝馬に多いのですが、微減でも3戦連続で減って出てきた馬はダメなことが多いので注意しましょう。
そこから短期間で戻してきた馬は、調教をしっかりやって戻っていない限り、軽視したほうが良いです。
戻ったのが、筋肉ではないので期待はできません。
人間にも、体重のときには調子がいいけど、この体重の時には調子が悪いということがあると思います。
馬にもベスト体重はあると感じています。
若い馬は成長途上なので、目安が無いように思われがちですが、急激に増えてて調教をしっかりこなしていれば、成長分と判断できます。
古馬の場合は馬体重が大幅に変動することはあまりないので、不安になったら、調子のよかった時の馬体重と比較してみましょう。
専門誌でなくてもスポーツ新聞ならば、この情報は載っています。
馬体重が当日発表されて、この体重の中ならば少なくとも調子が悪いことはないと考えられます。
古馬でも海外からレースに参戦した、ワーザーという馬が宝塚記念に前走より-27kgで出走してきて驚きましたが、2着に来てさらに驚いたのは記憶にあたらしいですね。
こういったことがあるので、絶対とは言えませんが、調子の目安になる調教と馬体重は覚えておきましょう。

競馬

Posted by tkana