カペラS・中山ダ1200mを攻略する

カペラS特徴

カペラステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走G3で、競走名のカペラは、ぎょしゃ座のアルファ星をさし、カペラ・アルデバラン・リゲル・シリウス・プロキオン・ポルックスで冬のダイヤモンドを構成しています。
この星の名前のレースがすべて中央競馬のレースにあり、カペラS中山ダ1200m・アルデバランS京都ダ1900m・リゲルS阪神芝1600m・シリウスS阪神ダ2000m・プロキオンS中京ダ1400m・ポルックスS中山ダ1800m・ダイヤモンドS東京芝3400mとなっています。
重賞もあればオープン競争もあって、コースの中山ダ1200m特徴は、スタートから少し芝となり、コースが芝コースと重なっていて外枠の方が芝の部分が長くなっていて、外枠の方がスピードが出る場所が多い分、内枠の方が不利となり、4コーナーまで緩い下り坂となっていて、コーナーを回ると坂があり、上がりのかかるコースとなっていて、前半速くて・後半遅いのがコース形態からよくわかるレースです。
前半速くなるけど、後半坂があるので、スピードを出したままゴールまで粘ることが余程の能力差が無いと難しく、スピードの持続が出来る馬が有利となり、スタートの芝も外枠の方が長く、ただでさえ外枠の砂を被る確率が減っていて外枠の方が成績が良いです。
距離損がないうちの方が有利と思っていると、スタートから内の馬が外の馬に先手を取られ、馬群の後方に取り残されて何もできずゴールとなり途方に暮れるそんな展開が見ることが出来るレースなので、内枠は割引となります。
近5年で調べると、テン(1番手のこと)に行く馬と後方で差し切る馬が1枠に入り3勝していて、7枠・8枠が各1勝・2着1回・3着1回となっているので、うそを言っているわけではないですけど、この結果を見ると1枠を買いたくなりますね。
他にも特徴があり、このレースの前はダ1400m・ダ1600mからの参戦した馬が好走中、なぜなら、ダ1200mの重賞がこのレースしかないので、必然的にそうなり、この路線から勝ち馬を探す必要があるレースとなっています。
カペラSを好走している種牡馬は、スタチューオブリバティ・アドマイヤオーラ・アグネスタキオン・カネヒキリ・MachoUno(マッチョウノ)となってます。
母父の馬がストームキャット・マキャベリアン・フレンチデピュティ・ファビュラスダンサー・ワイルドラッシュで、母父を見るとダート血統全般にそうですが、スピードを維持するアメリカ血統が大半となっています。
馬体重も500kg~519kgまでの馬が2勝・2着4回・3着3回となっていて、これ以上の大きな馬は、3着に来ておらず、大きすぎると1200mの短距離だと加速するのに間に合わず、440kg~479kgまでのダート馬としては軽量の馬が2勝しているので、位置取りの問題で、加速性能必要となり、十分な反応がないと勝ち切れない馬が多くなります。
レース間隔が2週~4週の馬に、勝ち馬5頭いるのは分かりやすい傾向で、馬体重500kg~519kg・最内の逃げ・先行馬・レース間隔2週~4週の馬から予想していくと的中に近くなるようです。

中山ダ1200mの(カペラS以外)勝率が高い騎手・種牡馬データ他傾向

近5年中山ダ1200mの(カペラS以外)勝率が高い騎手は、戸崎騎手・横山典騎手・田辺騎手・内田騎手・柴田大知騎手となります。
勝率が高いけど人気してしまうので、回収率がそこまで高くない戸崎騎手、他の騎手も、馬の位置取りが前目なことが多い騎手となってます。
中山ダ1200mの(カペラS以外)勝率が高い種牡馬は、サウスヴィグラス産駒・パイロ産駒・ダイワメジャー産駒・ファスリエフ産駒・スウェプトオーヴァーボード産駒で、枠順は、1枠11勝2着9回3着7回・2枠9勝2着18回3着10回・3枠9勝2着9回3着10回・4枠15勝2着20回3着23回・5枠19勝2着9回3着18回・6枠19勝2着17回3着12回・7枠24勝2着19回3着23回・8枠16勝2着22回3着18回と外目の7枠が1番3着内率が良くなっているので、カペラS以外は、外枠から馬券の検討をしたほうが良さそうです。

中山ダ1200m(カペラS以外)で穴を取るデータ

近5年4番人気以下の中山ダ1200mで穴を取る傾向は、枠だと6枠から8枠となっています。
外に行くほど勝率が上がり3着内率は7枠となっていて、人気は4~6人気が3着内率が高く・レース間隔は、中3週・休み明けから今回のレースが3戦目・前走負けていても、0.6~0.9差・前走馬体重440kg~459kg・+10kg~+19kg・前走福島芝1200mとなっていますが、2・3歳戦で芝を使ったけど向いていない馬が、人気がそこまでない状態で馬券になったようです。

競馬

Posted by tkana