福島記念・秋福島芝2000mを攻略する

福島記念特徴

福島記念は、福島競馬場芝2000mで行われる重賞(G3)で、スタートから直線が長くゆったり下りがあるので、スタートからペースがあがり、アップダウンで小回りのコースなので、小回りを上手に回る器用さが必要になるトリッキーなコースとなっています。
福島記念で好走している種牡馬は、シンボリクリスエス産駒・キングカメハメハ産駒・ジャングルポケット産駒・ステイゴールド産駒・ゴスホークケン産駒となっていて、瞬発力はあまりない種牡馬ですが、長く良い脚を使う特徴を産駒に伝える種牡馬が上位に来ていて、珍しくステイゴールド産駒が上位に来ています。
ステイゴールド産駒というと速い上がりを要求される競馬が苦手な産駒が多いですが、その代わりに器用な馬が多く、小回りのコーナーを器用に回る馬が多く、福島2000mなど小回りコースがとても合う種牡馬で、スタート下りでトリッキーなコースだとスピード全開にすることが難しいのでこういったことが産駒に合うのでしょう。
枠番だと、1・2枠が好走していて、一番成績が良いのが、1枠で、2勝・2着2回・3着1回・次は、2枠で2勝3着2回となっているので内で脚を貯められる枠が好成績となっていて、不審なのが8枠で、近5年で馬券になったことがありません。
レース間隔は、中3週が3勝・5週~9週が2勝となっていて、半年以上空いている馬は4着以下となっているので間隔が空きすぎた馬はマイナスです。
前走人気も6~9人気だった馬が4勝していて、残りの1勝は10人気以下馬となり、前走のコースは東京競馬場が4勝・中山競馬場が1勝となっているので、広く直線の長い東京競馬場で人気の無かった馬が、福島の小回りで能力を出すことが出来、好走しています。
他の競馬場で成績が悪くても前走人気6~9人気の馬は軽視しないようにして、勝ち馬の前走距離は、東京芝1600m2勝・東京芝2000m1勝・東京芝1800m1勝・中山1600m1勝となっているので、この路線から来た馬は調子や調教が良くなっているコメントなどがあったら軸にしておき、勝ち馬の前走レース名は、富士S2勝・毎日王冠・天皇賞(秋)秋風Sが各1勝となっていて、負けていてもタイム差が0.9までなら福島記念で好走することが出来、3勝・2着5回・3着3回でほとんどの馬が別の競馬場から巻き返すことが出来るので、人気が少しなくても前走の内容が酷くなければ問題のないのが特徴となっていて、他にも上がり3Fの早い馬が軒並み来ていないので中団(頭数の半分くらいで競馬をしていた馬)より前で競馬が出来る馬を狙ったほうが3着以内に来る確率が上がります。

近5年11月・福島芝2000m(重賞以外)の勝率が高い騎手・種牡馬データ

近5年11月・福島芝2000m(重賞以外)の勝率が高い騎手は、吉田隼騎手・丸山元気騎手・丸田騎手・津村騎手・菱田騎手となっています。
吉田騎手・津村騎手の複勝率も優秀ですから、この条件でこの2人の騎手は馬券になることが多いので押さえておきたい騎手で、丸山騎手・津村騎手は、勝率も吉田隼騎手に次いで良いので、そこそこ人気があったら単で狙って見るのも面白い成績となっています。
近5年11月・福島芝2000m(重賞以外)の勝率が高い種牡馬は、ステイゴールド産駒・ブラックタイド産駒・ネオユニヴァース産駒・カンパニー産駒・ジャングルポケット産駒が上位となっています。
積極的に買うのはためらいますが、好走している血統を見てどんな馬か調べておくと、瞬発力・パワー・スピード・スタミナのどれが必要かある程度わかるので、近い傾向を持つ馬を狙っていきましょう。出走頭数の割に成績が良い種牡馬は、シンボリクリスエス産駒・ハービンジャー産駒・メイショウサムソン産駒となっていていずれも単は厳しいですが、複勝率が高くて優秀なので記載しておきます。

近5年11月・福島芝2000m(重賞以外)で穴を取るデータ

4人気以下・近5年11月・福島芝2000m(重賞以外)で、3着以内に良く来る条件は、2歳~4歳・2・3・6・7枠・未勝利・500万条件・前走6人気以下の馬・前走馬体重440kg~499kg・前走より馬体重増・前走3・6枠・前走4角最終コーナーとなり、2・3番手・前走新潟2000m(外)・京都2000m・札幌2000m・東京1600mの条件で何個か当てはまる馬が4人気以下で3着以内に来ることが多くなっています。
そもそも人気の無い馬が多く馬券になるコースで、さらに人気の無い馬が好走する条件というのはなかなか絞りにくいですが、他の競馬賞で好走している種牡馬が好走しにくくなり、そういった傾向があるディープインパクト産駒・ハーツクライ産駒が人気していたら、評価を下げるのも有効ですから、ハーツクライ産駒は馬体が完成していなくて、先行しない馬は軽視しましょう。

種牡馬

Posted by tkana