パドックで馬を見よう!観察してお気に入りの馬を見つける

パドックというのは、レースを走る前に観客の前に現れて、周回する場所です。
パドックでどのようなことがわかるのでしょうか?
その辺を書いてみました。
よろしければご覧ください。

競馬パドックの見方

首を軽く上下しながら、リズムよく、パドックの外側を周回しているような馬を見つけてください。
これが調子の良い、元気な馬ですから、いつも通りに走ってくれる確率が高いです。
パドックだけを判断材料にしてもほぼ当たらないのが普通です。
騎手を乗せてから急にやる気がみなぎる馬もいるし、返し馬を走って急にやる気が出る馬もいます。
重賞レベルの馬になると本当にパドックでは判断することは難しいです。
パドックだけでレースがすべてわかることなどありえないと思ったほうが良いですし、ただの一つの判断材料と思っていただければよいと思います。
そもそも、馬体が良くても、馬のメンタルがどうかは分かりません。
誤解されがちですが、馬は走りたくて走っているわけではありませんからね、これは意外と知られていないので、頭に入れておくとよいかもしれません。
それだけに、少しでも嫌なことがあると途端にパフォーマンスが落ちます。
こういった馬は下級条件でくすぶっている馬に多いので注意しましょう。
特に牝馬は難しく、なんで走らなきゃなんないの?って感じなのでしょうね。
しいて言うなら、前回と比べてどうか?という比較なら多少使えるかもしれません。

テレビのパドック放送は当てになる?

基本的に、パドックだけで当てているわけではないと思います。
評判の人は、レース前に取材している人だったりしますから、パドックが決め手になって選んでいるわけではありません。
それに、時間の都合でじっくりパドックを見せてくれるのは、専門チャンネルぐらいなもので、普通は人気上位馬ぐらいしか語ることが普通です。
パドックを真剣に見ている人は、音声を切るといいます。
それだけ、パドック放送は意味がないと思われています。
実際に競馬場で見る場合とテレビで見るのでは情報量が違いますけど、あんまり当てにしてもいいことはないというのが本音ですね。同じ馬を追っかけて、比較するなら良いと思いますが、レースに出る馬の中から1番具合が良さそうだからというのは当てにならないというのが本音です。

競馬

Posted by tkana