秋華賞目前京都芝2000mを攻略する

2018年10月9日

秋華賞特徴

ここも普通の予想だと見慣れている方も多いと思うので簡単で分かりやすい傾向を書いていくと、またもや近年の勝ち馬のほとんどが、社台グループのノーザンファームが3頭・白老(しらおい)ファームが1頭となっていて、ノーザンファームは7年連続生産者で1番勝っているので当然とも言えますが、それにしたって圧倒的強さです。
2018年もアーモンドアイ・ラッキーライラック・プリモシーン・サラキア・パイオニアバイオ・フィニフティ・アンコールプリュと7頭出走予定で、白老ファームはラテュロスが出走予定で、2着が多い社台ファームも勝ち馬こそいませんが、2着3回・3着2回となっていて、今年はゴージャスランチ・ハーレムラインが出走予定で軸は社台グループから数頭選んで紐に他の牧場の好きな馬を買っておけばそこそこ当たるのではないでしょうか?
レースはオークスを勝った馬か春のクラッシックはダメだったけど夏から強くなったクラッシックに出ていなかった馬が勝っていますが、今年に限っては、オークス馬が圧倒的強さで、オークス馬から入るのが良さそうですね。
2着馬は、社台ファームの馬かノーザンファームの馬なので、ゴージャスランチ・ハーレムラインかノーザンファームの馬で当日8人気以内の馬で、3着も上記の馬と8人気までに入った馬を買えば、例年の傾向通りなら当てることが可能で、中山・阪神のトライアルレースを使っていて、別路線でも新潟で、4・5・8枠で走った馬なら好走率さらにアップとなりますが、一か月前の予想なので話半分で読んでくださいね。
このレースも社台グループが力を入れている重賞となっていて、昔から走る牝馬から走る馬が出る確率が高くなるのは普通に考えると当然とも言えますが、ここで買っておけばセリで売り文句ともなりますし、このレースに出た産駒の母馬の価値があがり、高値で売れるようになるので、賞金も大事ですが先を見据えるととても大事なレースとなります。
後は、昔から、サンデーサイレンス系が活躍しないことがあるコースでもあり、最終コーナーの前から下り坂となっていて、サンデーサイレンスの特徴の瞬発力が無くても下り坂で一緒に動くことが出来る為にサンデーサイレンスが配合されていない馬でも好走することができ、近5年でも15人気のリラコサージュが3着に入る大波乱となりました。
このレースに限っては万が一のために馬券に入れておくと途方もない金額の配当を手に入れることが出来るかもしれません。
2018年はランドネという紫苑S3着馬がいて、馬主さんが風水で有名なDr.コパさんの所有馬となっていて、所有馬が、G1でも最低人気で産駒が勝ったりすることがあるので、念のため馬券に入れても良いかもしれませんし、来れば高配当は必至ですし、夢があります。

秋・京都芝2000m勝率が高い騎手・種牡馬など

武豊騎手・福永騎手・ルメール騎手・川田騎手・岩田騎手が得意としていて、武豊騎手は昔から大怪我をして不調な時期でも、G1を勝ってしまうくらい京都が得意ですから、ちょっと不調かなと別の競馬場で思わせておいて得意な京都で巻き返してくる事が多い得意なコースとなっています。
以前は騎乗するだけで、過剰人気してしまう武豊ジョッキーですが、京都のレースは侮れませんので4番人気くらいの馬だったら、勝率2割・複勝率が5割となっているので、ファンの方は京都のコースで買いましょう。
他の騎手はリーディング上位常連騎手なので、ベタ買いすると儲かりませんが、福永騎手は3着が無いので馬連・馬単で買い、川田騎手・デムーロ騎手は複勝率が高いので川田騎手は単オッズ11倍前後・デムーロ騎手は7倍前後の馬を複勝で買うか、ワイド・3連複の紐に入れておくと少し儲かることがあり、岩田騎手は、単5倍台・複オッズ180円くらいの馬がいたら押さえておくと馬券になることが多くなります。
種牡馬では、ディープインパクト・ハーツクライ・キングカメハメハ・ハービンジャー・ステイゴールド産駒が好走しており、特にハーツクライとハービンジャーは単・複のベタ買いしても儲かるコースなので、ハーツクライ産駒は複オッズで2.4倍前後・ハービンジャー産駒複オッズ2.9倍前後なら押さえておいて損はないので紐や単・複に入れておきましょう。

秋・京都芝2000mで穴を取るデータ

強い馬人気のある馬が強いコースではありますが、4人気以下で狙うなら、500万円下で5歳までの馬を狙い、前走馬体重増減が-3kg~+9kgまであれば複勝圏内に来る確率が上がり、2・5・7・8枠で馬番は、2・7・8・11・12・14番が良く3着以内に来ているので、上記の傾向と枠・馬番が多めにあっている馬がいたら買っておきましょう。
他のコースと違い強い馬が勝つコースのようです。

競馬

Posted by tkana