種牡馬ステイゴールド特徴・得意なコースについて

2018年10月9日

どんな種牡馬?

ステイゴールドの現役時代は、GI競走での2着4回を含む重賞競走での2・3着が多い馬で、真面目に走らなかったり当時の同期が凄すぎたのもあって、重賞を勝ちきれず、それらのライバルが引退し、武豊騎手を鞍上に据えた目黒記念でようやく重賞を勝ち、その時の歓声はG1並といわれて、海外に出走するとなぜか真面目に走りて、のちの海外G1・6勝のファンタスティックライト・エクラールというゴドルフィンの馬相手にG1を勝ち、引退したよくわからない馬でした。
その資質は好走する馬に出ていて、ドリームジャーニー(朝日杯FS・有馬記念)・オルフェーヴル(3冠馬・有馬記念2勝・宝塚記念・凱旋門賞2着2回)・ゴールドシップ(皐月賞・菊花賞・有馬記念・宝塚記念2回・天皇賞(春)1回・ナカヤマフェスタ(宝塚記念)・フェノーメノ天皇賞(春)・オジュウチョウサン(ジャンプレース9連勝)・アドマイヤリード(ヴィクトリアマイル)・レインボーライン(天皇賞(春)など極端な成績の馬や強いのに癖がありすぎて、まともに競馬をしないこともあったりする個性派が多く、調教技術が高くなり真面目で個性のない馬が多くなった現在の競馬において、オルフェーヴル・ゴールドシップ・オジュウチョウサンは、とても人気があります。
現在の産駒でも、3歳にして2着5回の1勝馬なのに、3着までの馬に菊花賞出走権が与えられるレースで、右回りだとヨレてまともに走らない上に、鞍上にしわ寄せがきて現在斜行(しゃこう)3回しているエタリオウという産駒が、2018年10月現在、現役で走っています。
良いニュースもあるけど個性的な馬が出る不思議な種牡馬で、成績の良い産駒が出だして、これからという時に2015年に死んでしまうという、つくづく人の意図に沿わなかったのがこの馬らしいです。
ドリームジャーニー・オルフェーヴル兄弟・ゴールドシップで有名になった、ステイゴールド・母父メジロマックイーンの配合がOPにあがることが多く、相性の良い配合(ニックス)とされ、他の好走馬が出た配合もパワー系・スピード持続系が多くなっていて、産駒は、牡馬に大物が多い傾向があり、ダートG1では、2018年10月現在、まだ勝ち馬は出ていません。

ステイゴールド産駒の得意な距離

東京2000mが1番得意で、オルフェーヴル以外の産駒がダービーはダメだったので少し意外で、1着~3着が一番多くなっています。
得意な距離は、牡馬は芝1800m~2000m、牝馬は芝1600m~2000mとなっていて、牝馬の方が、スピードががある分距離に少し幅がありますが、牡馬は代表産駒でも若いうちは、長距離をこなせたりしますが、ステイゴールド自体が小さな馬だったからか、産駒が大きくても、能力を維持できる限界が2000m辺りに落ち着く馬が多いようです。
ダートは1700m・1800mが得意ですが、牝馬はかなり成績が悪いので、芝からダートに路線を変更した場合は疑ったほうが良いでしょう。

ステイゴールド産駒騎乗成績の良い騎手・厩舎・人気

柴田大知騎手・戸崎騎手・川田騎手・蛯名騎手・岩田騎手と極端な競馬や騎乗方法が独特な騎手が多いようで、柴田大知騎手は、ステイゴールドを種牡馬入りさせたマイネルのお抱え騎手なので、必然的に騎乗機会が多くなりますが、G1を勝つような馬には騎乗していません。
厩舎は池江泰寿厩舎・須貝厩舎・宮徹厩舎・戸田厩舎・西園厩舎となっていて、池江泰寿先生のお父さんはステイゴールドを管理していた池江泰郎元調教師ですから、当然とも言えますが、ドリームジャーニー・オルフェーヴル兄弟の所属厩舎ですがから当然で、他にもG1勝ち馬の所属厩舎が上位に来ているので、種牡馬が死亡してしまったので、出走馬が限られますが、この上位の厩舎なら適性を見つけるのが早いだろうし、代表産駒の子供が所属したら狙いたいですね。

ステイゴールド産駒苦手な条件

ダートの新馬戦とダート1600万クラスから成績が極端に悪くなるので、パワーがある産駒が多いけど、パワーの持続するのスタミナがディープインパクト産駒よりはあるけど、勝ちきれるほどでは、無いようで、性格も気難しいので、砂を被るのが良くないかもしれませんね。

まとめ

個性派が多く、G1を勝ち負けする馬は引退してからも人気となっている、ステイゴールド産駒、残念ながら死亡してしまいましたが、孫産駒が続々とデビューしていて、意に反して孫産駒は真面目な馬が多いのでこれからどうなるかわかりませんが、一時期はサンデーサイレンス産駒の最高の後継種牡馬とまで言われていた馬ですし、孫まで血がつながっているので、これからも活躍馬を出してほしいものです。
2018年菊花賞は、エタリオウが勝つかもしれませんが、ステイゴールド産駒なら2着かなぁとか考えてしまいます。

種牡馬, 競馬

Posted by tkana