ニシノ馬の買い時について知りたい。

昔からの馬主さんで、2代目の馬主さんでもあります。
スポーツ新聞に連載を持っているので、ご存知の方もおられるかと思います。
近年は短距離で走る馬が出てきて、注目したいそんな馬主さんのご紹介。

どんな馬主さん?

西山茂行(にしやましげゆき)は日本の実業家で、西山興業株式会社代表取締役社長さんで、先代も馬主さんでした。
2017年にセイウンコウセイで自身名義馬初G1制覇となりました。
日刊スポーツ(土曜日)にコラムをかなりの長期間連載していて、ブログも毎日更新ではありませんが、競馬関係の内容もあります

どの条件で狙う?

新馬・未勝利・500万下の条件で狙うのが良いですね。
しかし、牝馬限定戦はそれほど活躍馬は出ていません。
芝とダートでは圧倒的に芝での成績が良いので、芝の上記条件で狙うようにしましょう。
成績が良いのは、京都1200m・新潟1200m・中山1600mの1人気~5人気であれば買い目に入れても良いのですが、5人気の成績が良いので前走5着~9着以内で、0.6~0.9秒差の場合は単勝・1.0~1.9秒負けであれば単・複で狙うと良いでしょう。
さらに、前走東京芝1400・ダートは新潟1200mから来た馬の成績が良いので、覚えておきましょう。

どの騎手が騎乗している時が良い?

内田・戸崎・大野騎手の成績が良いのですが、内田騎手は人気になりすぎてあまり儲かりません。
戸崎・大野騎手に関しては、芝・ダートで狙うことが出来て儲かりますので、騎乗していた時はぜひ狙いたいですね。
前走内田・三浦・吉田豊騎手の場合はさらに成績が良くなります。

どの調教師所属の馬が良い?

ダートの場合、水野貴・奥平・手塚・杉浦厩舎の成績が良いのですが、勝ちきれないことが多く杉浦厩舎以外は複勝など2・3着で当たる馬券がお勧めとなります。
軒並み、勝率は低いので人気の無い馬時が狙い目となりますが、5人気~8人気で馬券になれば儲けものという確率となっているので、上記の条件が組み合わさらないとかなり厳し目の条件となるので、狙う時は少額で狙うのが良いでしょうね。
買うなら芝レースの菅野・根本・北出・高木厩舎で5番人気前後であれば狙うようにしましょう。
芝でも勝率は8%前後ですから、単で狙うよりは、紐で狙うようにしておきましょう。
かなり狙いどころがつかみにくいですが、単勝万馬券となるケースが近年あるので、見返りはかなり高くなっていますから少し押さえておきましょう。

競馬, 馬主

Posted by tkana