新潟記念の舞台!夏の新潟芝2000m外を攻略する。

新潟記念の舞台でもある、新潟芝2000m外の特徴を調べてきました。
よろしければご覧ください。

夏・新潟芝2000m外の特徴

2・3歳の新馬・未勝利は内回りが使用されますが、それ以外のクラスは、外回りのコースが使用されるという特徴があります。
ローカルなので、競馬を長くやっていても知らない人もいると思うので、一応書いておきます。(2018年夏)
そういうことがあるので、新潟の新馬2000mを勝って、次走は外回り2000mで負けるなんてことがあるので注意したいですね。
内回りはコーナー4つで普通なのですが、外回り2000mコーナーが2つとなり、コーナーが苦手な馬が浮上してくるので、コーナーが大井競馬場で好走している馬は注意が必要となります。
ローカルの競馬場でも、水はけのよい競馬場として知られています。

夏・新潟芝2000m外勝率が高い騎手・種牡馬

近年の夏・新潟芝2000m外が得意な騎手は、戸崎・デムーロ・石橋脩騎手の成績が良く、特に戸崎騎手は馬質が良くても継続騎乗でオファーされているのか悪い状態の馬にも乗っていることが多いですが、この条件では成績が抜群に良いので、覚えておいて損はありません。
デムーロ騎手も勝率が高いけど、人気になるので戸崎騎手と同じでオッズは美味しくありませんが、石橋脩騎手は5・6人気の馬を単で持ってくるので少額で買うなら面白いと思いますので、見かけたら少し買っておくと良いと思います。
種牡馬では、キングカメハメハの成績がよくディープインパクト産駒を勝率で上回るのはすごいですね。
名前が夏っぽいキングカメハメハですが、実は全体で調べると冬の方が得意なので、この成績は驚きました。
生産者がノーザンファーム・社台ファーム・千代田牧場・ヤナガワ牧場と規模の大きい牧場が多いので、どのキングカメハメハ産駒でも走るわけではなさそうです。
生産者をよく見てから買うようにしましょう。

夏・新潟芝2000m外で穴を取るデータ

前走、東京2000・1800mに出走していて、0.3~0.5秒負けている4~7人気の馬を狙いましょう。
母父・サンデーサイレンスの馬も好走していまが、基本瞬発力が無いと勝ちきれないし、馬券になることも少ないので本命サイドが多いようですね。
昔は瞬発力が重要でしたが、今のレースではある程度前に行けないと差し切れないケースが増えてきました。

競馬

Posted by tkana