覚えておきたい!夏の新潟芝1600m特徴

新潟芝1600mの特徴を調べてきました。
よろしければご覧ください。

新潟芝1600mの特徴

関屋記念でおなじみの新潟芝1600の特徴は、3~4コーナーがきつくそのコーナーをこなしても、ゴールまでの直線が長く、スピード持続が出来ないと勝ちきれないコースとなっています。
そして、唯一の全面野芝の競馬場だからか、ほとんどの馬はスピードが出るので、スピードが売りの馬が勝ち切れ無くなることもあります。
そういったコースなので、最内でのびのび走りにくい1枠は厳しく、外枠に有利となっています。

夏の新潟芝1600m勝率が高い騎手・種牡馬

戸崎騎手・田辺騎手の成績が良いですね、2人とも元々成績の良いジョッキーですし、手強い関西勢が普段より少ないのも要因でしょうけど、戸崎騎手の成績が際立って良いですね。
田辺騎手はマイルならどこでも良いのかなんとも調子なのか成績なのか、波があるジョッキーなので買い時が難しいですが、頼りになるようですね。
他にも、ルメール騎手がいるのですが、暑いのが苦手だそうでめったに、乗りに来ませんがもし来たら相当良い素質を持った馬がいる可能性があるし、それなりの馬をシッカリ仕上げた馬を用意されているようで近年成績だと3着以下はありません。
騎乗数が少なすぎるのですけど、一応挙げておきます。
ハーツクライ産駒が好走していて、他のコースだとスピードが上がってきた頃にゴールとなってしまうことが多いですが、このコースではその良さが存分に発揮できるのか、勝ちきることが多いですね。
次は、ダイワメジャー産駒の牡馬・ディープインパクト産駒の牝馬・ステイゴールド産駒の牝馬が好走してます。
ディープインパクト産駒は牝馬でないと来ないのは、サラブレッドの場合、牡馬はパワー・牝馬はスピード寄りになることが多いのですが、その特徴がないとこのコースでは勝ちきれないのでしょう。

夏の新潟芝1600mで穴を取るデータ

そもそもスピードが走るメンバーで上位でないと厳しいレースだからか、前のレースで負けていても最低1.9秒負けでないと巻き返すことも厳しいようですね。
ただ、着順が悪くても1.9秒までなら問題ないともいえるので、前走着順が悪い馬でも1.9秒を目安にオッズが良くないけど、1.9秒の馬がいたら買っておきたいですね。
かつ外枠で7番人気までならかなり馬券になる確率が上がるので、覚えておきましょう。

競馬

Posted by tkana