名物!新潟1000直を攻略する。

新潟の名物コース新潟1000直の特徴を調べてきました。
よろしければご覧ください。

新潟芝1000mの特徴

アイビスサマーダッシュでおなじみのコースですね。
日本で唯一の直線コースで行われ、最初に昇りがあるだけで、後はほとんど平坦コースとなっていて、切れる脚というか、長く良い脚が使える馬が有利で、ダートでも走れるパワーのある馬が好走しています。
コーナーがないので、コーナーが苦手な馬にもこなせるコースです。
他にも、8枠が極端に成績良いのが知られていて、最近は他の枠も健闘していますが、まだまだ成績上では8枠ですね。

夏の新潟芝1000m勝率が高い騎手・種牡馬

近年、成績が良い騎手はデムーロ騎手で、良い馬に乗っているとはいえ、4戦して3勝はただ凄いの一言、今年もアイビスサマーダッシュで騎乗するので覚えておきたいですね。
もう一人は、石橋脩騎手となっていて、人気がそこそこある馬で馬券になるので単10倍台のまでなら3着以内に持ってくるので、押さえておきましょう。
種牡馬でも、パワー寄りの種牡馬が来ていて、マツリダゴッホ産駒が好走しています。
血統では、フレンチデピュティ系のクロフネ産駒やヨハネスブルグ産駒も得意としているので、見かけたら押さえておきたいですね。スタートで先行出来て、スピードを持続させるのが得意な傾向がある種牡馬が好走していますね。

夏の新潟芝1000mが苦手な種牡馬

基本的にトップスピードがそこまでない馬が苦手としているコースなのか、他の距離では強いのに成績が悪い種牡馬は、ステイゴールド産駒となっていて、元々短距離が苦手とはいえ、成績はかなり落ち、同様にディープインパクト産駒も良くないですね。
スタートから他の馬についていけていませんし、元々レースでも後方で脚を貯めて圧倒的な速さとコーナーリングの上手さで立ち回る特徴のある種牡馬、コーナーもないのが成績が振るわない理由かもしれません。

夏の新潟芝1000mで穴を取るデータ

人気だけで見ると、6・7人気の単、8番人気の複がお勧めで、前走の成績が当てにならないコースなので、盲点となるのでしょう。
前走平坦・直線のないコースで走っていた馬が好走しているので、前走負けているとしても、2~2.9秒負けまでなら馬券を押さえておいても良いですね。

競馬

Posted by tkana