今年成績の良い調教師さんを知りたい(美浦編)

栗東ほど成績は良くないですが、特徴がかなりあるので、買いどころを押さえて買うと儲けることも可能です。
その辺りを調べて見ました。
よろしかったらご覧ください。

堀宣行厩舎

堀宣行(ほりのりゆき)調教師は、2002年に調教師免許を取得し、2003年に厩舎を開業しました。
騎手起用に特徴があって、海外ジョッキーを積極的に起用していて、日本人ジョッキーだと、石橋脩(いしばししゅう)騎手を良く起用します。
前走戸崎騎手・内田博騎手が騎乗していた馬からの乗り替りが成績が良く、狙い目です。
馬主は、キャロットファーム・サンデーレーシングが成績が良いです。
生産者はノーザンファーム・社台ファームがメインで、人気してしまうので、ノーザンファームの4倍台の馬がいたら狙いましょう。

国枝栄厩舎

国枝栄(くにえださかえ)調教師は、1978年調教助手となり、1989年に調教師免許を取得し、翌1990年に厩舎を開業しました。
美浦トレセンから近い競馬場をメインに馬を出走させるので、東京・中山・福島の出走回数が多く、それ以外の競馬場はあまり出走させないのが特徴ですが、それ以外の競馬場で出走させる場合は、かなりの確率で馬券になるので、見つけたら馬券を買っておきたいですね。
基本的に美浦所属のジョッキーを起用しますが、ルメール騎手が鞍上になった場合は、軽視せず買っておく価値があります。
馬主は、サンデーレーシング・シルクレーシングの馬がおすすめで、生産者は岡田スタッドの馬がいたら押さえておきたいですね。

藤沢和雄厩舎

藤沢和雄(ふじさわかずお)調教師は、1987年に独立して厩舎を開業した、日本で1番有名な調教師さんです。
調教スタイルに特徴があり馬なり主体で速い時計を出しません。
速い時計を出さなくても、馬を鍛えることは出来るといいます。
しかしこれは必ずしも馬に負荷をかけないということではなく、普段の調整過程が他の厩舎以上に多くあるのが特徴でもあります。
騎手は、ルメール騎手が主戦となっています。
馬主は、社台レースホース・サンデーレーシングの馬がおすすめですが、有名で実績のある厩舎さんなので、オッズが常に低いので、軽視するほうが結果的に儲かります。
所属の杉原騎手を乗せることが近年増えてきましたが、そこまで数値は高くないので、人気が7番人気ぐらいの時だけ購入して、後は紐で買う方が良いでしょう。

競馬, 調教師

Posted by tkana